東京でより良い条件の保育求人を見つけるには

東京では保育所をはじめとして様々な保育求人の募集が行われていますが、事業所によって職員の待遇や仕事上で必要とされる能力や実務経験などが異なるため、慎重に職場選びを始めることが大切です。また、少しでも良い条件の求人を選ぶには、希望のエリアの求人情報誌をチェックするだけでなく、転職支援サイトやエージェントなどを利用する方法も試してみましょう。

職員の処遇改善に積極的な事業所の求人を探そう

東京には、社会福祉法人や株式会社が運営する保育所が数多くあり、年間を通して保育求人の募集が活発に行われています。特に、様々な理由で職員が定着しない事業所の中には、給料アップや休日の確保など職員の処遇の見直しに積極的なところが少なくありません。

そこで、保育士として長く勤められる職場を見つけるには、各地で開催されている福祉関係の就職説明会に参加をしたり、職場見学のチャンスを利用してベテランの保育士の話を聞いたりすることがおすすめです。参考サイト:保育士バイト

また、保育所だけでなく児童養護施設や乳児院など様々な現場で働いた経験がある人は、転職の際に給料や福利厚生などの面で優遇してもらえるケースも多くあるため、妥協することなく時間をかけて求人探しをしましょう。

事業所によっては、求職者向けのホームページを開設して、現場での詳しい業務内容や仕事のやりがいについて分かりやすく紹介しているところもあり、早い時期から勤務先の候補をいくつか選んでみるのも良いでしょう。一か月あたりの休日の日数や勤務時間については、それぞれの事業所の業務内容や人員配置などによって異なるため、就職前にきちんと担当者に確認を取ることが肝心です。

優良な事業所の求人が集まる転職支援サイトを使ってみよう

希望条件に合う東京の保育求人を効率良く探したい人は、優良な事業所の求人が集まる転職支援サイトを通じて、空き時間を使って求人検索をしてみましょう。大手の就職情報会社が運営するサイトの中には、給料が高めに設定されている経験者優遇の求人がたくさんあり、待遇にこだわって職場を決めたい人にとって絶好のツールとなっています。

また、サイトによっては保育求人に応募ができるだけでなく、職場探しの際に役立つ適職診断やキャリアアドバイザーによる相談対応などのサービスも用意されており、色々なサイトの特徴を調べて使い勝手の良いものを選ぶと良いでしょう。

初めて転職支援サイトを利用する場合は、試しにいくつかのサイトに登録をして、各事業所の給料や休暇制度、教育制度などの重要なポイントが把握しやすいものや、求人先と連絡を取りやすいものを見極めることがおすすめです。

なお、東京で評判が良い保育所において主任保育士などのリーダーを担当したことがある人や、十年を超える保育士のキャリアがある人は、経験者しか応募できない求人をメインに探してみると良いでしょう。その他、短期間のうちに新しい職場を決めたい場合は、同時並行で複数の事業所の選考を受けることがポイントです。

エージェントなら内定が出るまで手厚いフォローをしてくれる

東京の周辺で保育士として理想的な待遇で働きたい場合は、自分で求人情報誌や転職支援サイトを利用するだけでなく、専門のエージェントにサポートを任せるという方法もあります。福祉分野に特化したエージェントの中には、東京で長年にわたり保育事業を展開している社会福祉法人とコネクションがあるところも多く、内定が出るまで手厚いフォローをしてもらうことが可能です。

また、エージェントによっては無料で書類選考や面接対策などのアドバイスをしてくれるところもあり、転職の経験が少ない人も安心して準備をすることができます。エージェントのサポートの良し悪しについては、運営会社の方針や在籍するスタッフの経験などに大きく影響を受けるため、早いうちから複数のエージェントの特徴を比較することがおすすめです。

面接の際に自分をアピールするのが苦手な人は、採用試験を有利に進めるために、担当のスタッフが面接に同席してくれるエージェントを選ぶのも良いでしょう。

内定率が高いエージェントの中には、ネット上で大々的に過去の実績を紹介しているところも多くあります。そのため、近い将来に転職を考えている人は、実際にエージェントを通じて転職を成功させた人のレビューを参考にしつつ、日ごろから人気のエージェントの情報収集をしてみましょう。

小規模の事業所で働きたい時は友達や先輩を頼るのもおすすめ

東京の保育士の数が少ない保育所や学童クラブなどで働きたい時は、保育士の友達や先輩を頼ることで、民間の求人サイトなどを利用するよりも早く内定を獲得することも可能です。たとえば、株式会社やNPO法人などが運営する小規模の事業所においては、資金不足や人材不足などの理由で、色々な求人媒体を通じて保育士の募集を行う機会が少ない傾向が見られます。

そうした中、就職後に給料や仕事内容などのミスマッチをなるべく防ぎたい人は、定期的に信頼できる人とコミュニケーションを取りあって、おすすめの職場を紹介してもらうと良いでしょう。なお、小規模の事業所では、欠員の発生時しか新しい保育士を募集しないことがほとんどのため、気になる事業所を見つけた際は自分から求人募集の有無について尋ねてみることも大事です。

在学中から色々な事業所で実習やインターンを体験しよう

東京で自分の将来の目標に合った保育の現場を見つけるには、在学中から色々な事業所で実習やインターンを体験して、自分の適性や性格などに合う職場の候補を絞ることも大事です。特に、幅広い年齢の子どもたちの支援を担当する児童養護施設や児童自立支援施設などは、保育に関する専門的なスキルだけでなく、体力や精神力が求められるため、学生時代に現場での保育士の役割や仕事の大変さについてしっかりと理解することが重要です。

最近では、若年層の保育士を迎え入れるために、年間を通して実習やインターンの受け入れを行っている東京の事業所の数が増えており、スムーズに就職活動を進めるうえで、いち早く担当者と連絡を取り合うと良いでしょう。

事業所によっては、大学や専門学校と提携して、様々な形で保育の仕事を体験できるようにしたり、在職中の保育士が学生の質問に答えたりしているところもあります。そうした中、保育士資格を取得したばかりの新人へのサポートが充実している事業所は、採用試験の際に多くの求職者の応募が殺到することがあるため、念入りに対策を考えることが大切です。