開催にあたり

 麺類飲食店の安定と向上発展及び業界の振興に資するため、『そば・うどん専門店として付加価値を創造する』をテーマに、平成29年4月12日(水)~14日(金)の3日間、東京ビッグサイトにおいて2017麺産業展を開催いたします。
 「そば・うどん業界」は、チェーン店やファーストフード形式でありながら自家製麺を売りにした業態が表れるなど、市場形態は急速に変化しております。また、外食産業の競争激化に加え、中食産業の成長により消費者の食に対する選択肢が増えております。ますます難しい経営環境の中にあって、旧態依然とした営業姿勢ではお客様の満足を獲得できません。
 今のお客様の多くは、我々「そば・うどん専門店」に付加価値の高い食とサービスの提供を求めているのです。安さを売りにしたチェーン店・ファーストフード店と値段で競う必要は決してありません。様々なニーズを捉え、原材料を吟味し、プロの調理技術で美味しく綺麗に盛り付けして提供する。味だけではなく目でも満足させ、スタッフによる丁寧な接客を心掛け顧客満足度を高める。このようなサービスをするためには、当然のように経費がかかります。「そば・うどん専門店」として、値段も高いなりの理由があるのです。
 そのためにも、組合員をはじめとした業界関係者においては、お客様に求められ選んでいただける麺類飲食店になるために、最新情報・製品・技術など、飲食業界の営業に役立つ情報収集の場、研鑽の場として本展示会を活用していただきたく存じます。
 2017麺産業展は、ファベックス、デザート・スイーツ&ベーカリー展、食品&飲料OEMマッチングEXPO、ワイン&グルメジャパン、食肉産業展、ハラールマーケットフェアによる7展合同開催です。来場する方々にとっても様々な情報を収集することが出来る食の総合展示会として魅力にあふれ、来場者は7万5千人を予定しております。
 商社の皆様におかれましては、厳しい市場環境下で「そば・うどん専門店」が勝ち抜くための様々なご提案をお願いします。また、貴社のPR、マーケティング、販促の場、新たなビジネスチャンスを獲得する機会としてご活用いただきたく、是非ご出展くださいますようお願い申し上げます。



平成28年9月吉日

麺産業展実行委員会
実行委員長 田中 秀樹

一般社団法人 日本麺類業団体連合会
全国麺類生活衛生同業組合連合会
東京都麺類協同組合
東京都麺類生活衛生同業組合